ブログ運営

【COCOON】ads.txt設置したらAdSense広告が表示されなくなった。原因は広告表示設定??

ブログ運営
スポンサーリンク

AdSense広告が突然表示されなくなった

Hello!
赫茄子(あかなす)です!

AdSenseに合格してから11ヶ月。
アクセスも順調に増え、AdSense収益が0円の日なんてそうそうない!
というところまで来ました。

毎日AdSenseとAnalyticsを眺めるのが日課です。
それがある日…。。

AdSenseの収益が3日連続0円に

ある日、「あれ?珍しく今日0円だな」と思ったのです。
そして翌日も0円。

3日0円が続いたところで異変に気が付き、自分のサイトを確認してみると…

広告が1つも表示されてない😂

なんでー?!?!
思い当たるフシは、数日前にads.txtを設置したことくらいです。

最終的には色々と試し、広告表示をもとに戻すことが出来ました。
誰かの役に立つかも知れませんので、流れと解決方法をまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

よくあるAdSense広告が非表示になる理由

まず一般的なトラブルシューティングを載せて置こうと思います。
この段階で異常を見つけたらどんどん解決しておきましょう!

アドセンスのポリシー違反をしていないか

1番多い理由はこちらのポリシー違反によって広告を停止されるケースのようです。

AdSenseにログインし、
「アカウント」→「ポリシーセンター」をチェックしてみて下さい。
なにかしら表示されている場合には対応したほうが良いでしょう!

私は「問題は検出されませんでした」と表示されていました。

※ポリシー違反があったとき、AdSenseに広告を停止される可能性がありますがポリシーセンターに表示が出ないケースもあるようです。
ここに表示が無くても思い当たる違反がある場合にはチェックしてみて下さい。

プラグインが邪魔している、テーマが最新じゃない

プラグインが広告の邪魔をしている可能性もあるそうです。
バックアップを取ったあと、プラグインを停止してみるのも良いでしょう。

またプラグイン、テーマともに最新の状態じゃないことも原因になる場合があります。

シークレットウィンドウでチェックしてみる

広告ブロックなどで自分の画面上だけ広告が表示されていない可能性もあります。
他のブラウザ、他のPC,スマホ、シークレットウィンドウでサイトを開いて確認してみましょう。

ads.txtの設定が間違っている

私は今回ads.txtの設置が間違っていました。
広告が表示されなくなった直接の原因では有りませんでしたが、設置が間違っているのはまずいのでチェックの方法&直し方を紹介いたします。

スポンサーリンク

「ads.txt」の設置間違いを直そう

広告が停止される少し前。
11ヶ月放置していた、Google AdSenseのads.txtエラーを数日前にやっと解決しました。

やってみたらめちゃくちゃ簡単で、「エックスサーバーならads.txtの設定めっちゃ簡単じゃん」みたいな記事も書いた程です。

しかし広告が表示されなくなったタイミングと一致しますので、おそらくこれが原因だろうと考えたわけです。

ads.txt設置間違いか?

色々と調べていると、ads.txtの設置間違いで広告が停止する例があるようです。

ads.txtの設置がされていないから停止ということはなくても、
「間違った設置」で広告が表示されなくなる可能性があると。

そこでまずはads.txtの設置が合っているか確認してみることに。

ads.txt設置間違いの確認方法

1番確実なチェック方法はこちらのサイトを使用することだと思います。

私の場合、エックスサーバーの機能でads.txtを設置したにも関わらず
“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。
というエラーが出てしまいました。

ads.txtがutf-8コードになっていないことによるエラーです。
これを解決しないと、AdSense上の警告も消えませんので直す必要があります。

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。を解決しよう!

私はエックスサーバーを利用していますのでエックスサーバーのやり方をメモしておきます。

①Xserverアカウント(旧インフォパネル) にログイン
②サーバー欄の「ファイル管理」をクリック

③WebFTPの画面が開いたら、編集したいドメイン名をクリック
④public_htmlフォルダをクリック
⑤.htaccessファイルにチェックを入れて、「編集」

<Files ads.txt>
AddType “text/plain; charset=utf-8” .txt
</Files>

↑を文章の上部にコピペ

⑥保存して終了
⑦もう一度ads.txtチェックツールでチェックしてエラーが出なくなったらOK!

無事AdSenseの警告は消えたけど、まだ広告が戻らない

私はこのタイミングで、
数時間後にAdSenseの上部に出ていた警告が消えました。

ads.txtは正常に設置できたということになります!

…しかし、24時間以上待っても広告は戻りません。

そこで今度はクロームの開発者ツールを使ってサイトのエラーを確認してみることにしました。

スポンサーリンク

元々広告の表示を間違えていて、ads.txt設置をきっかけに非表示になった

色々と調べていると、興味深い情報を見つけました。

「広告の表示設定を間違えているのにそのまま広告表示できてしまっているのを、ads.txtを設置したことが原因で広告が表示されなくなることがある」

というものでした。

もともとの原因を探すしか無い!開発者ツールを使おう

もうこれしか無いだろうと、Chromeの開発者ツールを用いて自分のサイトのエラーコードを確認してみました。
(Chromeで検証したいサイトを開いて、右クリック→「検証」を選ぶか、F12キーを押すと開発者ツールが出現します。)

久しぶりに確認してみると、赤字エラーが3件もあります(^o^;)

その中に気になるものが有りました。

adsbygoogle.push() error: No slot size for availableWidth=0

こんな気になるエラーがありました。
「adsbygoogle.push() error: No slot size for availableWidth=0」

adsのエラーじゃないですか!!これが原因に違いないー!

色々と調べていると、このサイトを見つけました。

この方によると、Cocoonテーマでサイドバーに広告を設定し、スマホだとスライドバー表示設定にしている場合にエラーが出る可能性があるとの事です。

ウィジェットでスマホだけ広告表示していた部分を削除

COCOONの過去フォーラムも読みましたが難しかったので簡単にまとめると
とにかく、サイドバーに広告を設定した状態でスマホのスライドバーに広告を表示しようとするのがいけないということが分かったので

外観→ウィジェット から、
スマホのみサイドバーに広告を表示する設定にしていたのを解除してみました。

そして無事、PCでもスマホでも全広告の表示を確認出来ました(*´∀`*)!
ヤッター!

解決!!ありがとうございます!!

うちのインコちゃんも祝ってくれてる!

結局、ads.txtは悪くなくて今まで設定が噛み合っていなかったのが、ads.txtを設置しクロールが走ったタイミングで何故か表示されていたものが非表示になってしまっただけのようです。

こんなの分かるわけないよー!
解決にかかった4日間AdSense収益が0円で悲しい思いをしました…。。

でも気がついて解決できてよかった…。。

同じ思いをしている方がここにたどり着き、解決できることを祈って!
それではまた(*´∀`*)!

ぜひ他の記事も覗いて行って下さい😊

赫茄子

Hello!
とまと大好き赫茄子(あかなす)と申します!
日米ハーフの20代女で、東京から愛知にきて農家の嫁やっています。
趣味はゲーム、生き物飼育です(*´ェ`*)
フェレット、ウロコインコ、爬虫類、たくさんの生き物に囲まれています。
グルメや旅行、美容にも興味あり♪

Follow Me !!
スポンサーリンク
Follow Me !!
にょろらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました